めも

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Date : --.--.-- -- --:--  スポンサー広告| コメント(-)|トラックバック(-)
wikiの裁判員制度の項に載っている問題点がなぜか西野喜一氏からの引用ばかりなのが面白い。彼の「裁判員制度の正体」という本らしいのだけれど、論理の破綻とか間違いをAmazonにでも書き連ねたら面白いだろうか。なんかレビューが完全に二極化してるしね。さすがにそこまではやらないけれど、wikiが引用しているようなところすら間違っていたりして、これじゃぁほんとに裁判官って世間知らずいるのかもなんて思えてしまう本であって、彼自身が彼の本に対する一個の逆説のようだね。

僕が個人的に調べているうちでは、
ttp://www.kita-houritsu.com/
名古屋北法律事務所の長谷川弁護士の豆電球、というページが最も分かりやすかったと思う。一読をお勧めするかな。

結果的には、"まだまだ問題点はあるけど肯定的に受け止めている"というのが今の僕のスタンスです。
現行の刑事裁判の問題点が酷いのでそれを改善できるならまぁ必要経費、という感じ。調書裁判からの脱却は確かにこれくらいのことしないと図れないだろうし、泡瀬干潟の件とか見てると、なんだか司法は行政よりかなり弱いとも思うしね。

あと反対派の人たちの意見で、極めて合理的と思える理由が見つからないのだよね。なんというか結局のところみんな、めんどくさいしオレやりたくないんだけどって喚いてるだけのようで。

大体、故人ではあるけど勲一等とか文化功労賞まで受けていて、元東大総長、刑法・刑事訴訟法の第一人者だった平野龍一氏(これだけみても凄いね)が、"日本の刑事裁判は絶望的だ、陪審員制も考える必要がある"って言ったのが80年代だしな。

Date : 2009.02.22 Sun 05:10  めも| コメント(1)|トラックバック(0)

  

コメント

管理人のみ閲覧できます


    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    1. 2009/02/28(土) 00:52:53 |
    2. |
    3. #
    4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karusu13.blog2.fc2.com/tb.php/284-08e092fd

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。